破産債権の種類とその優先順について取り上げます。

破産債権とは?

 破産債権とは,破産者に対し破産手続開始決定前の原因に基づいて生じた財産上の請求権で財団債権に該当しないもののことです(破産法2条5項)。

 破産債権は破産手続でのみ行使でき,破産手続に参加して,破産財団から配当を受ける債権です。貸付金,売掛金,保証債務履行請求権,手形債権,求償権などが実務上よくある破産債権です。

 破産債権にはいつくか種類があり,優先順位が決まっています。

破産債権の種類と優先順位

 破産債権には,①優先的破産債権,②一般の破産債権,③劣後的破産債権,④約定劣後破産債権の4種類があります。②の一般の破産債権が名前のとおり標準的な破産債権です。前述した貸付金や売掛金等は一般の破産債権に該当します。

 破産債権の優先順は,上記の①~④の順番です。同じ種類の破産債権が複数存在する場合は,それぞれの順位の中で債権者平等が働きます。

①優先的破産債権

 優先的破産債権とは,破産財団に属する財産について一般の先取特権その他一般の優先権のある破産債権のことです(破産法98条1項)。

 租税債権は一般的優先の原則があるので,優先的破産債権に該当します。しかし,租税債権の一部は財団債権になり,一部は劣後的破産債権になります。

 労働債権には一般の先取特権が認められているので,優先的破産債権に該当しますが,一部は財団債権になります。

 優先的破産債権の中で,優先順位があります。その優先順は,民法・商法その他の法律の定めるところによります。租税債権のうち,①国税・地方税,②社会保険料等の順に優先され,その次に③私債権の順になります。③の私債権の中にも優先順があります。

③劣後的破産債権

 劣後的破産債権は,一般の破産債権に劣後するので,通常,配当されることはありません。しかし,免責の対象とするために破産債権としています。

④約定劣後破産債権

 約定劣後破産債権は,劣後的破産債権にも劣後することを当事者間で約定した破産債権です。劣後ローンが該当します。