大阪の弁護士による債務整理,初回相談無料

破産

破産とは? 

 破産は,裁判所を通じて行う債務整理の手続きです。裁判所を通じて行うので,任意整理と対比して,法的整理に分類されます。破産には,①同時廃止と②管財事件の2つの手続きがあります。原則的な破産の手続きは,②管財事件です。

管財事件

 裁判所に破産申立てを行い,破産手続開始決定がなされると,破産管財人が選任されます。破産手続開始決定時に債務者(破産者)が所持している財産の管理処分権は破産管財人に移ります。破産管財人は,破産者の財産を換価し,債権者に平等に配当を行います。

同時廃止

 同時廃止とは,破産管財人を選任せずに,破産手続きを終了させる手続きです。事業者ではない個人の債務者で,換価できるような財産がない場合は,同時廃止ですむことがあります。

免責許可決定

 個人が破産者の場合は,経済生活の再生の機会の確保のため,配当後に残った債務について,免責する免責許可制度が存在します。免責許可決定を得ることで,債務の支払いを免れることができます。

 破産の申立てをしただけでは,債務の支払義務はなくなりません。個人が破産する場合は,この免責許可を得ることが最大の目的になります。

 ギャンブルなど浪費が原因で借金を作ってしまったような場合,法律上は免責されないという免責不許可事由というのが存在します。

 免責不許可事由に該当しても,裁判所がいろいろな事情を考慮して,裁量で免責を認めることがあります。これを裁量免責といいます。よほどのことがない限り,最終的には免責許可決定を得られると考えていいでしょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 法律事務所エソラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.