大阪地裁で実施されている集団債権者集会について取上げます(債権者集会については,破産手続の債権者集会について参照)。

集団債権者集会

 大阪地裁の一般管財事件では,債権者集会に出席する債権者がまったくいない事件が相当数あること,一期日当たりの債権者集会の件数が多数にのぼることから,平成23年10月から集団債権者集会を実施することになりました。

 集団債権者集会は,下記の要件をすべて充足する事件で,かつ,破産管財人・破産者が集団債権者集会の実施に反対しない場合に,複数の事件の債権者集会期日を一室で一度に行うものです。

集団債権者集会の対象事件

 対象事件の要件は,以下の4つです。

 ①異時廃止で,当該期日に終了予定であること

 ②自然人の破産の場合,免責に関して問題がないこと

 ③債権者が不出頭であること

 ④同一時間帯に関連事件(法人と代表者等)がある場合,関連事件についても①~③の要件を満たすこと

集団債権者集会の手続き

 裁判官が集団債権者集会の趣旨を説明し,債権者集会が始まります。裁判官の終了宣言によって,債権者集会が終了します。債権者集会の進行は,①廃止に関する事項,②免責に関する事項の順に進んでいきます。そのため,法人のみの破産の場合は,①が終了した時点で退室することになります。債権者集会の終了後に,破産管財人は廃止証明書を受領します。

 なお,債権者集会の終了までの間に債権者が遅れて出頭した場合は,通常の債権者集会の方式で実施することになります。