小規模個人再生手続きにおける再生計画案の決議について取り上げます。

小規模個人再生の再生計画案の決議

 給与所得者等再生と異なり,小規模個人再生手続においては,再生計画案について再生債権者の決議を経る必要があります。小規模個人再生の決議は,①書面決議であること,②消極的同意制度を取っていることが特徴です。

議決権者

 小規模個人再生の再生計画案の決議の議決権者は,無異議債権と評価済債権を有する届出再生債権者です。住特条項を定める場合,住宅ローン債権者には議決権はありませんが,意見聴取は行われます。

書面決議の可決要件

 小規模個人再生の再生計画案の決議は,書面決議で行われます。裁判所は,再生計画案を書面による決議に付するという付議決定をした場合,議決権者に再生計画案と再生計画案に同意しない者は期間内に書面でその旨を回答すべきことを記載した文書を送付します。

 小規模個人再生の再生計画案の決議は,次の2つを満たす場合は再生計画案の可決があったものとみなすという消極的同意要件を採用しています。

 (1)再生計画案に同意しない旨を書面で回答した議決権者が議決権者総数の半分に満たない

 (2)(1)の議決権の額が議決権者の総議決権の総額の2分の1を超えない

不同意の議決権を行使する債権者はほとんどいない

 小規模個人再生を申立てる債務者は,事業者もいますが,住宅ローンをかかえた給与所得者であることも多くいます。その場合,債権者は消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者がほとんどです。

 実務上,小規模個人再生の再生計画案に対して,不同意の議決権と行使する債権者は,ほとんどいません。しかし,一部の公的機関は不同意の議決権を行使することがあるようです。再生債権者の数が少ない場合や大口の債権者が反対することが予想される場合は,注意が必要です。