破産手続における双方未履行の双務契約の処理について取上げます。

破産法53条

 破産法53条は,双方未履行の双務契約について,破産管財人が①履行を選択し双務契約を実行するか,②契約を解除することを選択し双務契約を解消することができると規定しています。

 破産管財人が①履行を選択した場合,相手方の権利は財団債権となります。②解除が選択された場合,相手方の原状回復請求権は取戻権又は財団債権となります。

 ②なお,解除が選択された場合の相手方の損害賠償請求権は破産債権として扱われます。

 破産手続開始決定時に,双方未履行の双務契約が存在する場合,破産管財人は,①履行を選択するか,②解除を選択するかを判断する必要があります。管財人は,破産財団の増殖又は減少防止には,どちらの方が適しているのかという観点から判断をします。

双方未履行の双務契約

 破産法53条が適用されるのは,①双務契約であって,②双方の債務が未履行である場合です。

双務契約

 契約当事者の双方の契約上の義務が対価的な関係にある双務契約が対象です。双務契約の典型は,売買,賃貸借,請負,雇用などです。非典型契約でも双務契約であれば,破産法53条の対象になります。

双方未履行

 破産手続開始決定時,双務契約の履行の全部又は一部が契約当事者双方で未履行の場合,破産法53条の適用があります。

相手方の催告権

 破産管財人が①履行を選択するか,②解除を選択するかが明らかにしない場合,相手方は不安定な立場に置かれます。そのため,破産管財人に対して,相当な期間を定めて,期間内に①履行を選択するか,②解除を選択するかの確答をするよう催告することができます。

 破産管財人が期間内に確答しない場合,契約解除が選択されたとみなされます。